音楽理論

ドレミファソラシドを数字で置き換えてみよう

よく音楽系のブログや本を読んでいると、1stとか5thなどの数字を見かけることがあります。

理論アレルギーの人は、数字が出てきただけで嫌になってしまうと思います。

そんな方のために今回はこの数字の付け方や意味を書いてみます。

音を数字で置き換える

ではさっそくドレミファソラシドを数字で表記してみましょう。

1st
2nd
△3rd
ファ4th
5th
6th
△7th
1st

ただ順番に数字をつけていっただけなのです。実は簡単なんです♪

読み方は、

  • 1st→ファースト
  • 2nd→セカンド
  • △3rd→メジャーサード
  • 4th→フォース
  • 5th→フィフス
  • 6th→シックス
  • △7th→メジャーセブンス

と読みます。

※メジャーを△と表記してあることが多いですが、Mのように大文字で表記している本もあります。
メジャー(M)とマイナー(m)が大文字か小文字かの違いしかないと読みづらいので、当コラムではメジャーを△で表記してます。

注意が必要な点として△3rdと△7thです。

3番目と7番目はメジャーとマイナーの2種類あります。

  • △3rdとm3rd
  • △7thとm7th

ドレミファソラシドはCメジャースケールというスケールなので、3番目と7番目の音はどちらもメジャーになります。

音名を数字で考えるメリット

数字で置き換えると他のキーになった時でも困りません。
具体例を示します。

先程はCメジャースケールでしたが、今度はDメジャースケールで考えてみます。

Dメジャースケールの構成音は

  • ファ#
  • ド#

と、なります。
#がつくようになり、少し複雑になってきました。

では、今度は数字で置き換えてみましょう。

1st
2nd
ファ#△3rd
4th
5th
6th
ド#△7th
1st

なんと!
Cメジャースケールの時と全く同じ表記になります。
これこそが数字に置き換える最も大きなメリットです。

音を数字で考えられるようになると、どんなキーであろうと関係なくなり全てを同じ次元で考えられるようになります。
音楽理論の勉強もスムーズに進みやすくなります。

ドレミファソラシドを数字に置き換えるまとめ

音楽理論アレルギーの人をたくさん見てきましたが、丁寧に教えてあげるとその便利さにみなさん感心していました。

特にこれから作曲やアドリブをできるようになりたい人は、時間をかけていいので、納得するまで数字の置き換えを習得してみてください。

コードの勉強にも役立ちますし、この先のややこしい理論の理解が楽になりますので(^-^)