スケール

フリジアンスケール

こんにちは、東京府中のギター教室ハヤタギタースクールです。

今回はフリジアンスケールを解説していきます。

中近東の不思議な雰囲気なスケールです。

 

フリジアンスケールの構成音

メジャースケールの3番目の音から並べ直したスケールです。

スケールノートは、

1 ♭2 ♭3 4 5 ♭6 ♭7

(♭ばかりですね・・・。)

Eフリジアンスケールの場合、

ミ ファ ソ ラ シ ド レ

となります。

コードの性質を決める3度と7度がマイナーなのでマイナー系のスケールです。

フリジアンスケールの使える場面

フリジアンスケールはメジャースケールの第3音をルートとするコードⅢm7に対応しています。

 

キー=CではコードEm7の時にEフリジアンスケールが使えます。

 

個人的にはメタル系のギターソロにはまると思うので、

ハーモニックマイナー的にフリジアンスケールを使うと個性になると思います。

メタル系のギタリストは積極的に使ってみてはいかがでしょうか?

 

他のスケールとの比較

よく比べられるのがマイナースケールです。

マイナースケールとは2度が違うだけです。

フリジアンスケールは♭2、マイナースケールは2。

 

 

2   3 4   5   6   7
フリジアンスケール ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
マイナースケール ○
○ ○
○ ○ ○ ○

トニックの半音上の♭2がフリジアンスケールの特性音です。

 

多くのスケールでは2度は2なので、♭2を持つフリジアンスケールの響きは耳慣れない感じがすると思います。

 

この♭2が独特な怪しげさを演出してくれています。

 

 

 

続いてスパニッシュスケールとの比較です。

 

フリジアンスケールに△3を付け加えるとスパニッシュスケールになります。

 

 

2   3 4   5   6   7
フリジアンスケール ○ ○


○ ○

スパニッシュスケール ○ ○
○ ○ ○
○ ○

スパニッシュスケールはフリジアンスケールに、

 

○を足した8つのノートで構成されています。

ですので名前は似てないけど構成音は丸々かぶっているので、

フリジアンスケールを覚えればスパニッシュスケールもほぼ覚えた事になります。

 

 

続いてハーモニックマイナースケール・P5th↓(パーフェクトフィフスビロウ)との比較です。

スパニッシュスケールも掲載した方がわかりやすいと思ったので3つを比較します。

 

 

2   3 4   5   6   7
フリジアンスケール ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
スパニッシュスケール ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
ハーモニックマイナーp5th↓ ○ ○



○ ○

フリジアンスケールとの違いは3度です。

ハーモニックマイナースケール・P5thビロウは3度が△3になります。

 

スパニッシュスケールというのはフリジアンスケールの要素もあり、

ハーモニックマイナースケール・P5th↓の要素もあるので、

さすが8つのノートを持っているだけあるなという感じですね。

 

フリジアンスケールまとめ

いきなり多くのスケールと比較すると頭がぐちゃぐちゃになってしまいますので、

まずはマイナースケールとの比較を覚えて、アドリブに活かしてみてください。

それが出来たらまたこのページに戻ってきてスパニッシュスケールに挑戦、

といった感じで知識を広げていくのが現実的な覚え方です。