音楽理論

平行調

簡単作曲講座2

府中のギター教室ハヤタギタースクールです。

作曲もテクニックも出来ることから少しづつ始めていきましょう(^-^)

出来てる人がたくさんいるのですから出来ないわけありません。

簡単作曲講座の第2回は、

平行調というものについてわかりやすく書いていきます。

平行調とは?

前回キー=Cのダイアトニックコードを使いましたので、

今回もキー=Cを基準に考えます。

C、Dm、Em、F、G、Am、Bm7(♭5)

これらのコードはドレミファソラシの各音を一つ飛ばしで重ねた和音でした。(前回参照)

世の中にメジャーキーしかなかったらこれだけ知っているだけで良かったのですが、

残念ながらマイナーキーというものが存在します。

マイナーキーについて

学校の音楽の授業で、

イ短調とか、ホ短調と習った短調というのがマイナーキーです。

ちなみにメジャーキーは長調です。

ドレミファソラシの音階を、

(実はCメジャースケールという名前がありますが、今回はあまり深く触れません)

ラの音から並べ直すと、

ラシドレミファソ

という音階が出来ます。

可能なら実際に鳴らして耳で確かめてほしいのですが、

この音階暗くないですか?哀愁漂ってないですか?

ラから並べ直したこの音階のことをAマイナースケールといいます。

そしてこのAマイナースケールの各音を一つ飛ばしで3つ重ねると、

ラ(シ)ド(レ)ミ  ⇒ラドミ   ⇒Am

以下省略       ⇒シレファ  ⇒Bm(b5)

⇒ドミソ   ⇒C

⇒レファラ  ⇒Dm

⇒ミソシ   ⇒Em

⇒ファラド  ⇒F

⇒ソシレ   ⇒G

Am、Bm(b5)、C、Dm、Em、F、Gというコードたちが出来上がりました。

これらのコードはキー=Amのダイアトニックコードです。

このキー=Amのダイアトニックコードたちは、

前回出てきたキー=Cのダイアトニックコードと全く同じコードたちです。

このことから何が言えるかといいますと、

キーC = キーAm

と言えます。

このCメジャーキーとAマイナーキーの関係のことを平行調といいます。

平行調のことを知ったからといって、

すぐに斬新なアレンジができるわけではないのですが、

今後難しいコードアレンジをする時に必ず必要になる知識です。

それと平行調を早めに書いたのにはわけがあります。

それは、

音楽理論というのは1つのことを理解すると次のことの理解が早まる、

ということを実感してもらいたかったからです。

 

今回の場合ですと、

前回書いたメジャーキーのダイアトニックコードを覚えてしまっていれば、

平行調であるマイナーキーのダイアトニックコードも全く同じでした。

ですので、一つのことをゆっくり時間をかけて勉強してみてください。

別に誰かと競争しているわけではないのですから(^-^)