音楽理論

ダイアトニックコード

簡単作曲講座1

東京府中市のギター教室ハヤタギタースクールです。

 

今回は作曲に役立つ音楽理論についてです。

 

 

曲というのはいくつかのコードから成り立っています。

 

ただ、適当にコードをつけてもうまく曲の形にまとまらないので、

 

まとまりやすくするためのノウハウを教えていきます。

(このノウハウが音楽理論です。)

 

作曲するにあたって、まず知っておいてほしいこと。

 

それはダイアトニックコードというコードたちです。

スポンサーリンク

ダイアトニックコードとは

キー=Cだと

(ひとまず、キーの事は基準音と思ってください。

今はわからなくて大丈夫です。)

C、Dm、Em、F、G、Am、Bm(♭5)

の7つです。

Bm(♭5)はあまり使われないので今回は省略して、

6つコードで話を進めていきます。

この6つのコードたちはどんなコードたちなのかというと、

ドレミファソラシの音だけで出来ているコードたちです。

C  ドミソ

Dm レファラ

Em ミソシ

F  ファラド

G  ソシレ

Am ラドミ

Cはドから一つ飛ばしで音を3つ重ねたコードです。

ド(レ)ミ(ファ)ソ

()の音を飛ばして重ねています。

Dmはレから一つ飛ばし、Emはミ、Fはファ、Gはソ、Amはラから、

それぞれ一つ飛ばしで音を重ねたコードです。

とりあえずこれらのコードを適当に並べてコード進行を作ってみます。

CーAmーFーG

よくあるコード進行です。

 

コード進行にメロディーをつける

これらのコード進行にどんなメロディーをのせられるかというと、

 

ドレミファソラシの7つの音で作ったメロディーをのせられます。

 

 

なぜでしょうか?

 

 

それはコードの構成音がドレミファソラシしか使われていないからです。

 

コードの構成音は当然メロディーで使っても大丈夫なのです。

 

このCーAmーFーGというコード進行の場合、

 

Cコードが鳴っているときに、ドミソは構成音なのでもちろん使えます。

 

それ以外にレファラシも使っていいのです。

 

AmーFーGの部分もドレミファソラシの音全部使って大丈夫です。

 

実際の曲で確認してみてください。

 

たとえば、スピッツのチェリーなどはキー=Cですし、

わかりやすいと思います。

 

作曲は凝らずに作れば簡単なのです。

 

なんとなく自分にも作曲できそうだなと思い込むことがスタートだと思います。

 

今回はここまで。