音楽理論

ディグリーネーム

簡単作曲講座4

お読みいただきありがとうございます。

府中のギター教室ハヤタギタースクールです。

当講座も簡単と銘打っておきながら、

少しずつややこしい手法も解説していく予定でいます。

ですが、なるべくわかりやすく実践で使える理論を書いていきますので、

よろしくお願いします。

ディグリーネームとは?

さて、これから少しずつややこしい手法を解説するにあたって、

覚えて欲しいことがあります。

それはディグリーネーム(Degree Name)というものです。

ディグリーネームとはローマ数字を使ってコードを表すやり方で、

コードの機能(働き)がわかりやすくなります。

では具体的に見ていきましょう(^-^)

キーはCで進めます。

キー=Cのダイアトニックコードの一覧をまた書きます。

簡単作曲講座 1 ダイアトニックコード参照

C  Dm  Em  F  G  Am  Bm(♭5)

実はこれらのコードはそれぞれ機能を持っています。

このコード落ち着くな~とか、盛り上がるな~とか、

曲を弾いていると感じることができます。

ただ、コード1つ鳴らしただけではコードのこの機能を感じることができません。

あくまで流れの中(コード進行)で感じることができるのです。

なかなか理解するのが難しいかもしれませんので、

ざっくりとおおまかに言っちゃいます(^-^;

同じFコードが使われている曲でも、

キー=Cで使われているFと、

キー=Fで使われているFとでは雰囲気が違うということです。

なぜ同じFなのに違う印象になるのかというと、

キーごとにコードの機能が決まっているからです。

そしてこのコードの機能を分析するのに役立つのがディグリーネームなのです。

 

スポンサーリンク

ダイアトニックコードをディグリーネームで表す

先程のキー=Cのダイアトニックコードを、

ディグリーネームで表してみると次のようになります。

 

C  Dm  Em  F  G  Am  Bm(♭5)

Ⅰ  Ⅱm  Ⅲm Ⅳ Ⅴ Ⅵm Ⅶm(b5)

※文字化けしている方へ。文字化けしている部分はCから順に1~7までの数字をローマ数字で書いています。

コードを数字に置き換えることによって、

キーが変わっても簡単にコードの機能を分析することができるのです。

キー=Fのダイアトニックコードの一覧を出してみます。

F  Gm  Am  Bb  C  Dm  Em(b5)

これらのコードを数字で(ディグリーネーム)表すと

F  Gm  Am  Bb  C  Dm  Em(b5)

Ⅰ  Ⅱm  Ⅲm Ⅳ Ⅴ Ⅵm Ⅶm(b5)

キー=Cの時と全く同じですね。

まとめ

先程、「同じFコードが使われている曲でも、

キー=Cで使われているFと、

キー=Fで使われているFとでは雰囲気が違うということです。」と、

書きました。

その理由はFはキー=CではⅣにあたりますが、

キー=FではⅠにあたるからです。

ちょっとややこしかったかもしれませんが、

なんとなくおおまかに理解出来ましたでしょうか?

今日はここまでにしておきましょう。

理論は少しずつ理解していかないと、深みにはまります。

絶対に焦りは禁物です。

コードの機能については近いうちに書きますので、

そちらの方もよろしくお願いしますm(__)m

 

※簡単作曲講座 5 コードの機能(ファンクション)

追加しました。