音楽理論

コード表記の決まり

今回はごくごく当たり前に使っているコードを、

改めてどの様な構造になっているのか書いていきます。

少しややこしい部分になりますが、

なるべくわかりやすく書いていきますのでぜひお読みください。

 

スポンサーリンク

ドミソの3音で出来ているCコード

ギタリストの決まりとして、

楽譜に「C」と記してあれば、

単音のC音(=ド)ではなく、

和音のドミソの3つの音を鳴らすことになっています。

 

当たり前のことかもしれませんが、

ここにコード表記のルールが隠れているのをご存じでしょうか?

 

コードはメジャーサードとフィフスを省略するのがルール

「C」というコードの構成音であるドミソをもう少し詳しくみてみます。

 

まずドは1st(ファースト)といいます。

 

別の言い方でルート音ともいいます。

 

ミは△3rd(メジャーサード)といいます。

 

ソは5th(フィフス)といいます。

 

仮に1st、△3rd、5thの情報をことこまかに表記した場合、

C△3(5)となるはずでありますが、

実際には「C」と記してあるだけでドミソを弾くという暗黙のルールがあります。

 

つまり、コードネームに表すときは△3rdと5thを省略するのが決まりなのです。

 

(ちなみに他の「E」や「G」も構成音は1st、△3rd、5thになります。

 

これがコードの構成音を数字に置き換えるメリットとなっています。

 

詳しくはドレミファソラシドを数字で置き換えてみよう参照)

 

 

ドミ♭ソの3音で出来ているCmコード

「C」の△3rd(ミの音)を半音下げると、m3rd(ミbの音)になります。(マイナーサード)

ドミbソ

このコードのことを「Cm」といいます。(シーマイナー)

構成音は1st、m3rd、5thです。

先程と同じようにことこまかに表記した場合、

Cm3rd(5)となるはずです。

△3rdと5thは省略していいルールでしたので、

「Cm」のm3rdは省略出来ず、5thは省略してokです。

5thを省略するとこうなります。

Cm3rd

実際にはm3rdはmと簡略化されます。

Cm

なぜなら、mと書いてあればm3rd、

何も書いてなければ△3rdと判断がつくからです。

わかりやすく書き直すと、

C○

この○の部分に何も書いていない(C)→△3rdが使われている

○の部分にmと書いてある(Cm)→m3rdが使われている

と、わかるからm3rdなんて書かず、mだけに簡略化されています。

 

まとめ

普段何気なく見て弾いているコード表記には実は省略と簡略が含まれています。

この暗黙のルールがわかるようになると、

難しい表記のコードも簡単に構成音を理解できるようになり、

自分でコードを作り出せるようになります。

 

少し難しい内容だったかもしれませんが、

一度に理解しようとせず、何回も理解をする努力をしてみてください。

そのうち頭にはいりますので(^-^)